03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

元気が出る場所 




東雲を待ちながら・・・、たくま港祭り。



今年で40回目を迎えるたくま港祭りに行ってきました。


私はお祭り男ではない。

好んで夏祭りに出かけることもない私が毎年行ってるのが港まつり。


会場の外れに車を駐車し、歩いてゆく。

会場の音色がだんだん大きくなるにつれて私の心も弾んでゆくのがわかる。

会場周辺の家ではあちこちでバーベキューの用意をしている、

もう昼間からガンガンやっているところもあり、出来上がっているとこもあった。


地元ということもあり、知り合いが多く会場に着くまでにも何人かに挨拶する。

会場に着くと今年も来たんだなという気になる。

多度津まつりみたいに花火が派手でもない、

高松まつりみたいに踊りが賑やかでもない、

でも私はここのお祭りが大好きなのである。

今年のこの雰囲気も変わらないな~。



駐車場の警備をしている友達や、もう酔っ払っている友達、

そんな地元の仲間がいるお祭りだから落ち着くのかな。

この場所は、いやこの港まつりは日頃の忙しさを忘れさせてくれる場所なのだ。

一年間でいくつか心を癒してくれる場所がある。

夏はやっぱここかな~。




姫と坊主も友達を見つけては走りまいしている。

たぶん私のこんなふうに思う気持ちは子供達に受け継がれていくんだろうな。



地元のお祭りを重んじる心、

それは地元のお祭りをずっと支えていく人達がいるからなんだよな。

地元を愛する人達がつくっているんだ。

お疲れ様、今年も元気になりました。

また来年もよろしくね。

さて残りの夏を頑張って乗り切るぞ~。




地元の夏まつり

それは私にとって特別な雰囲気をもった場所

いつまでも地元の人に愛され

みんなのお祭りであり続けてほしい。

スポンサーサイト

[edit]

« アートからのメッセージ  |  流星群 »

この記事に対するコメント

心を癒してくれる場所

こんにちは!

各地で夏祭りが行われていますが、カロンさんのように「ふるさと」を感じ、日頃の忙しさを忘れさせてくれる場所があるのが羨ましいです。

私は、子供の頃から転勤族で育ち、結婚してからもいろんなところに住んできたので、その所々で想い出のお祭りは、断片的に思い出すことができますが、郷愁を覚えるものではありません。

地元の人々が盛り上げ、愛され続ける夏祭りv-469は、いいものですね。

たくま港まつりと関係ないですが・・・昨日、TVで岡山「うらじゃ」祭りのことやっていました。カロンさんたちは、生の踊りを見てこられたんだなぁ~と思って・・・。

konopoco #- | URL | 2011/08/14 16:58 * edit *

地元!

今晩は!(^▽^)

地元だと幼なじみと会う機会があるので、その楽しみもありますね。v(^-^)v

私の地元では親戚の人、数人しかいないのであまり戻る事もありません。

まっ、一匹狼と言ったところですね。(^_^;)
そんなに格好良くはありませんが・・・(笑)

ではでは!

和平 明憲 #- | URL | 2011/08/14 18:27 * edit *

konopocoさんへ

こんばんは(*^_^*)

そんだったんですか、でも考え方ひとつじゃないかな。いろんなとこに行っていろんなところのお祭りを見れるということは港まつりしか知らない私の中にはないことです。

それにkonopocoさんには丸亀のバサラがあるじゃないですか。それに橿原だってあります。郷愁を覚えるものになると思いますよ。

私も今年は人生初の丸亀バサラ祭りに行こうかと思ってます。

岡山のうらじゃはたまたま遭遇したみたいな感じでしたよ。たぶん全体のほんの少ししか見てないと思います(*^_^*)今度はじっくりと見て見たいですね。

カロン #- | URL | 2011/08/14 20:15 * edit *

和平さんへ

こんばんは(*^_^*)

そうですね幼なじみや知り合いとは結構会いますよ。なんたって田舎ですからね。右向いても左向いても知り合いだらけ、そんな感じの地味~な祭りですよ。

地味だから花火もきっちり30分で終わりましたよ。俳優の要潤さんが隣町の出身ということで三豊大使になってるんですが、昨日は要潤が来るなんて噂があちこちでありました。結局噂だけだったんですがね^_^;

一匹狼の和平さんか~、でも地元にもどることもあるんですよね。昔の地元のお祭りを思い出して是非行ってみてください(*^_^*)

カロン #- | URL | 2011/08/14 20:25 * edit *

こんばんは、カロンさん。

うちの社内にも詫間の社員がいますが、同じように
たくま港祭りが大好きだと以前行っていました。
結構、ゲストが良かったりするんですよね~

何気に実は、たくま港祭り 未体験です。。。。。
ぜひ来年は参加したいと思います!

姫ちゃんの浴衣と坊主君の甚平姿もバッチリですね!

kazumall #- | URL | 2011/08/14 22:06 * edit *

kazumallさんへ

おはようございます(*^_^*)

是非機会があればお越しくださいませ。祭り自体は地味なんですが田舎の祭りって感じがしますよ。それは社員さんにいろいろ聞いているでしょうね。その社員さんにも詫間人の血が色濃く宿っているんでしょうね。

ゲストはまあまあの有名人が来ますが、今年は来ませんでしたね。合併したころから予算の問題で有名人を呼べないみたいな話は出ていたんですがそれかもしれませんね。また聞いておきますよ。

姫と坊主、ありがとうございます。ここんとこ坊主の食欲は異常なくらい食べるんですよね。さすが男の子です、体重は姫を軽く超えてますよ(*^_^*)

カロン #- | URL | 2011/08/15 08:46 * edit *

こんにちは

「お祭りで元気がもらえる」 これよく分かりますヨ
祭りの大きさや花火の数は関係ないんですよね。
毎年同じ祭りを見て 町の人に会って
相変わらずだなとホッとする。
これからもずっとそんなお祭りであって欲しいですね。

詫間の花火は数年前に一度だけ行ったことがありました。
花火があがる場所とか分からず、遠くに車を停めて
遠くに上がる花火を見たのを覚えています。

今年はあいにく多度津の花火を港へ見ることができませんでした。
遠くから多度津の花火を少し見ましたが、
どこでいてもどこから見ても町の花火が一番。
地元を大切に思う心を嬉しく思いました。
故郷っていいですね。

michelle #- | URL | 2011/08/15 09:57 * edit *

michelleさんへ

こんばんは(*^_^*)

確かに祭りの大きさは関係ないかもしれませんね。詫間の人たちが作る祭りだからこそホッとするのかもしれません。知り合いばかりだからよけい落ち着くんでしょうね。これからも毎年楽しみにしています。

私も多度津まつりの花火は数年前まで毎年見に行ってました。多度津の川田工業に知りあいが行っていて花火の日だけ社員の家族に駐車場として開放してたんです。その中でもいろいろ祭りのイベントなんかしてたな~。

さいきん故郷とかを凄く重んじるようになってきました。私も年とってきてるんですよね(*^_^*)

カロン #- | URL | 2011/08/15 22:26 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shinonome77.blog89.fc2.com/tb.php/68-ff11fdc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。