09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

来年こそ! 



東雲を待ちながら書道パフォーマンス!



今日iphoneスケジュール管理アプリ、「さいすけ」を見ていたら、

大事なイベントを忘れていたことに気がついた。

7月31日、「書道パフォーマンス」と予定に入れてある。


書道パフォーマンスとはこれ!!!



この春にレンタルで借りてきたDVDを見て私は大いに影響された。

「書道ガールズ -わたしたちの甲子園-」

http://wwws.warnerbros.co.jp/shodo-girls/

愛媛県四国中央市で行われているこのイベントは

書道パフォーマンス甲子園となり、毎年の恒例行事となっている。

http://shodo-performance.jp/~Shodo/

このDVDを見て会社に出入りしている四国中央市の業者に聞いて下調べをしていたにもかかわらず、見逃してしまった。

書道パフォーマンス甲子園に行き、生の写真や映像をお伝えしたかったのだが

また来年まで待つことになってしまった。


でも何かこういうのを見ていたら青春を感じるな~。

私は書道とかはわからないが、こういった高校生の熱い姿には感動を覚える。

来年こそは必ず見に行きたいと思う。



最近感動に飢えているせいか、何か感動を求めている自分がいる。

これといって具体的なものはないのだが

何か感動を求めたい・・・。

感動・・・。

それは心が震える瞬間のことを言う。

スポンサーサイト

[edit]

« ダウンの旅 ①  |  逆襲と平和。 »

この記事に対するコメント

こんにちは☆

感動。。。ですか(^.^)☆

大きいものは 最近あまり・・・ですが
小さい感動なら いろいろ ありです♪

何気に テレビを見て
じ~んと 感激したり
泣けたりもして・・・。

ドラマ系・・・かなり感情移入してしまうかも。(^◇^)

りっちゃま #mQop/nM. | URL | 2011/08/07 12:04 * edit *

感動!?

今晩は!(^-^)/

老若男女、汗水垂らしながら頑張っている姿は良いものですね。o(^▽^)o

最近はテレビを見ていても、物語の内容よりも役者さんの演技を見ていますね。

今では役者さんの普段の姿が番宣やバラエティに出ているので、ドラマの中ではどう違うのか愉しんでいます。
また、小説を書いていると、ストーリーより人物の動きが気になりますね。
どうしても、文字で人物を描写するには、役者さんがこの場合にどう動くのかを知っている方が読者が情景を浮かべ易いですからね。o(^▽^)o

書道も決まった書き方で、書いた後を見るのが普通でしたが、色々な書体で書いている様子を見る事で、書道家がどのようにして書いているかが分かって一段と面白味や感動が増すと思います。

ではでは!

和平明憲 #- | URL | 2011/08/07 23:47 * edit *

りっちゃまへ

おはようございます(*^_^*)

感動に飢えてる感じですよ。感動は行動して得る感動と、普段の生活からの感動といろんなところからの得ることができますね。

ドラマや映画でももちろん感動できますよね。私もちょっと感動ものの映画なんてみるとボロボロに涙が止まりませんよ。

涙腺がむちゃくちゃゆるいですからね~。

昨日と今日、旅行に来ています。遠いところにいけないので近場なんですが疲れに疲れきってますよ(;一_一)

カロン #- | URL | 2011/08/08 08:58 * edit *

おはようございます(*^_^*)

この書道パフォーマンス面白いでしょ?高校生の若い力で一致団結して一つものを作る力、絆と汗、全てが感動の対象になりうるものですよね。来年こそは絶対にいきたいと思いますよ。

今は昔と違って映画やドラマがすぐ身近で撮影しているみたいな印象をうけます。香川県でもこの近年撮られた映画は結構な数ですよ。芸能人や有名人がテレビという枠の向こうにいる時代は終わったかもしれません。

話がずれてしまいましたが、ドラマも感動か一番です。小説もミステリーもいいですが感動ものはどうでしょうか?^_^;和平さんが和平さんでなくなりますね。

カロン #- | URL | 2011/08/08 09:09 * edit *

ミステリーも?!

今日は!(^▽^)

推理小説は謎解きが優先されて、その謎が複雑であればあるほど読者は満足すると言うように思われがちですが、確かに古典推理はそうですが、なぜ犯人は犯行を行ったかの動機が感情的に描写されるのが最近の推理ドラマでは見られます。

特にコナンは推理も面白いですが、最後は感動物仕上げになっています。
ただ、金田一少年の事件簿の方がその傾向が強いようです。

最近、私も少しずつ感情的なストーリーを取り入れていますが、まだまだ、描写力が足りないのでうまく表現が出来ていないようです。(^_^;)

もっとも、役者がどう演技しても子供と動物には敵わないと言われるそうなので、いつか取り入れてみたいと思います。v(^▽^)v

ただ、探偵や警察が亡くなった方のために汗水流して捜査して、犯人を逮捕しても感動が無いのは、警察を嫌っているせいかも知れませんね。(笑)

ではでは!

和平 明憲 #- | URL | 2011/08/08 12:56 * edit *

和平さんへ

こんばんは(*^_^*)

推理小説もかわってきたということですか?私はよく思うのが事件が終わってその後はどうなったんだろうとかよく思いますね。良くみたドラマや映画でのその後のことをするものもあればしないものもある。

その後を見せることにより感動やいろんなものがプラスされるんじゃないかな?わからないですがね。

ミステリーと感動を是非お願いします(*^_^*)

和平さんならちょちょいのちょいとやってのけそうですよね。

カロン #- | URL | 2011/08/09 01:01 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shinonome77.blog89.fc2.com/tb.php/58-75a22016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。