04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

脱中国は加速するか? 



東雲を待ちながら・・・、脱中国!



私の会社は本当に小さな会社なのだが、仕入れ業者をざっと数えると20社以上はある。

印刷会社、ボールペン、お茶屋さんにタオル屋さん。

その業者さんは毎月の出張や訪問で弊社に訪れるのだが、いろんな話を持ってくる。

どこの業者も中国中国と話には出てくるのだが、

約2年ぐらい前から違った国の名前が聞こえるようになってきた。

インドネシア、ベトナム、フィリピン。


今でもタオルなんかはベトナム産は珍しくない。

そしてこの前業者が持ってきたのがインドのワッフル調ミニタオル。



IMG_2037_convert_20120919111830.jpg

インドという国は綿花は主要な農産品であり、繊維生産量の約10%を占める。

中国に次いで世界第2位の繊維大生産国である。

中国の人件費が上がった今、繊維関係については脱中国の動きがでてきているのではないか。


今回の一部のバカな中国人のおかげで日本と中国との関係は冷え込みまくるだろう。

愛国の名を使った中国強盗集団。毎日ニュースで流れる暴虐ぶりを観て私は怒りを通り越した。



中国は巨大市場ということはわかっている。

でもこのまま高いリスクを抱えたまま中国依存でいくのか、はたまた違った国を探すのか、

その答えはそんなに長い先ではなく、5年以内に何かしら目に見えてでてくるのではないだろうか

そんなふうに思える。



脱中国もいいけれど、もう一度我が国日本で何ができるのか?

それを考えるときがきたのかもしれない。

日本頑張れ~、今はいろんな意味で踏ん張りどころやで!








スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。