06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

吉本新喜劇 




東雲を待ちながら・・・、関西弁。



地方にはその土地にある方言というものがある。

香川は讃岐弁、讃岐弁のアクセントは関西と近いのか、

東京でいるときに何回か関西の方ですか?なんて言われたことがある。

讃岐弁と関西弁は全然違うのにな~、なんて当時は思ったことだ。

違った方言を聞くとどうしてだろう、何か興味がわいてくる。

最近小学2年の坊主も、自分と違った喋りに少し興味を持ったらしい。


ある日仕事を終えて帰ったとき、

「俺、関西弁好きやで。関西弁しゃべれるんやで」そういって近寄ってきた。

「関西弁って何か知ってるんか?」というといきなり関西弁を喋りだした。

「あきらめたろどうや」

「許してやったらどうや」

「見に来てやったらどうや」

などと単調な言葉ばかり、しかも何かアクセントが違う。全然関西弁になっていない。

横でクスクス笑っている姫に聞くと、

「リュウは吉本新喜劇の真似をしよんで」と姫が言った。

「誰や?小藪か?」と聞くと「しげぞう」とニヤニヤしながら答える。

しげ爺のとこだろうが、そんなギャグは私は知らない。ここ何年も吉本見てないもんな~。

そう思ってYou Tubeを開いて調べてみると出てきた。

坊主が愛してやまないしげぞうのギャグがこれ!



なんちゃ関西弁が好きなんちゃうやないか。しげぞうが好きなんやろが~(讃岐弁)

どうも子供二人、吉本新喜劇にはまっているらしい。


夏休みの旅行をどこにするといったところ、子供が「関西!関西!」と言い出した。

狙いは吉本新喜劇!吉本はどうなるかわからんけど、とりあえず大阪に決まった。

急だったんでどうかななんて思ったけど、とりあえずホテルは確保。

当日行って吉本見れるんかな?まぁそれは今から調べてみよう。






子供たちの大好きな夏休み、それはまだ始まったばかりである。



スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。