08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

土の時間 




東雲を待ちながら・・・、土と戯る。



本日、またお袋がいろいろ作っている畑を耕してきた。

大根や何やかんやを植えるっていってたと思う。

耕すことはお袋はできないので、「土の助Jr」というミニ耕運機を使って私がかける。

朝早く起きて畑の向かう。もうすっかり秋で外は寒い・・・。



朝モヤの中、土の助Jrは爆音を放ちながら畑に向かう。

エンジンをかけたのは半年ぶりなんだが絶好調だ。


日頃、仕事ばかりしていると土の感触を忘れがちになる。

ん~、何かいい感じ。

ガタガタと耕して行くと体力のない私はすぐに息が上がってくる。

畑といってもちょっと広いので2時間くらいかかってしまった。


親父が亡くなってこの畑の耕しは私の役目になっている。

耕すのも結構しんどい。

こんなしんどいことをずっとやってきてたんだな。

自分がやって初めて気づくとは結構ある。

IMG_1317_convert_20110925003426.jpg

親父、親父の後はボチボチやっているからな。

今では畑をする姿もさまになってきてるってよ。

溝をかくのはいつも上手くいかないけどそのうち上手くなるよ。

こんなことなら生きているうちに聞いておくべきだったな。

夢ででもいいからまた教えてくれよな。

たまには姿を見せてやってくれ、

俺にじゃね~よ、お袋にな。




スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。