07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

アートからのメッセージ 




東雲を待ちながら・・・、芸術は爆発だ~!!!


michelleさんのらうんどり~から情報を頂き、行ってまいりました。

善通寺の総本山にて「Art at the Temple」といったアート展が14日まで開かれていていました。

14日が最終日とのことだったので滑り込みセーフといったところでしょうか。

DSC_0817_convert_20110814163234.jpg

境内には芸術家の作ったアートというものがあちこちに展示されている。

アートには作品名と芸術家の名前が表示されている。

作品名と作品がなんかしっくりこないな~。

DSC_0805_convert_20110814162154.jpg DSC_0804_convert_20110814162842.jpg
DSC_0806_convert_20110814162254.jpg DSC_0807_convert_20110814162355.jpg
DSC_0808_convert_20110814162448.jpg DSC_0809_convert_20110814162546.jpg
DSC_0813_convert_20110814162745.jpg DSC_0810_convert_20110814162644.jpg

作品と真剣に向き合い、一つ一つの作品を見てまわる。

アートというものは何なんだろうか、この作品が訴えたい意味は何なのだろうか。

素人の私はちょっとわからないな~。




さて写真も撮ったし、帰ぇ~るとするか、そう思って芸術家のテントを横切ったとき、

芸術家達が最後のミィーテイングをしていた。

DSC_0814_convert_20110814163502.jpg

「え~、今日までお疲れさんでした。いつもはしないんですが、
 今年は最後にみんなの作品を回りまして、いろんな意見をもらいたいと思います。
 いい意見でもいい、辛口の意見でもいい、ここをこうしたらもっと良くなる
 なんていう意見でもいいです。何でもいいですから言葉をもらえたらと思います」

オモロイやんけ~、私も一緒に混じって話を聞こうとしよう、

私一人くらい混じっていてもわからんやろ。


【 Prayer 】

段ボールと発泡スチロールに漆などを施し、作りあげた作品。

DSC_0801_convert_20110814164053.jpg

漆の原点にもどって物を作ることを考えた作品で、

漆は塗料と接着剤という考えのもと漆と接していると言っていた。

いろんな意見を出してくれと言ってたもんだから、調子に乗って私も発言させてもらいました。

意見があまりでない雰囲気だったんで率直な感想を述べさせていただきました。

誰やこいつみたいな目で見られたが、別に私は気にしない。



この作品の周りの黒いものが羅漢、中の4体が如来だそうだ。

私が発言してから芸術家同士の意見も結構飛び交うようになった。

下のマス目に中の4体が合ってないとか、

下の白色を違った色にすればもっと引き立つとか、

如来が何故4体なのか?16にして関連性を持たせたらどうかとか、

どちらかというと辛口なコメントばかり。

このPrayerの作者は面白くなかったに違いない。

ずっと聞いていて中立的な立場で言わせてもらうと、

アートは誰の作品でもない、自分がどう表現していくかなんだと思う。

感性なんて人それぞれなんだよ、

マス目が合ってないとか言われても大きなお世話じゃい・・・、

と、私がPrayerの作者ならそう思うに違いない。

人それぞれいろんな考え方があるように芸術家にも芸術家の数だけアートがある。

それでええんちゃうの?

DSC_0815_convert_20110814163555.jpg DSC_0816_convert_20110814163645.jpg

次の作品に行くとその作者が作品の意味を述べる。

私はアートの意味や込められた祈りなどを聞いても正直わからなかった。

芸術家は我々凡人とは感性が違うんだろうな。



この【イエロー】という作品も正直何の意味があるのか、何を伝えたいのかわからない。

この作者の説明を一番聞きたかったんだが、残念ながら来てなかったらしい。

ただこのイエローは、アートに必要な観るものを引きつけるというものは持っていると思う。

私はここでしばらく動けなかった。

iero-_convert_20110814164646.jpg

DSC_0803_convert_20110814164215.jpg

黄色い裸の人間の口から犬達の肛門に伸びているチューブ、

エコ?

何故に黄色?

何故に裸?

何故に犬?、犬小屋まで・・・。

ん~、やっぱ芸術は爆発だよな。

スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。