06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

奈良の和菓子達 


東雲を待ちながら和菓子を味わってみる。


先週、奈良の叔母さんが田舎に帰ってきた。

この叔母さんの手土産は決まっている。



まずはこれ、超有名な伝統の赤福。

何年か前にゴタゴタした事件があったけど、今はすっかりそのイメージはない。

嫁はんと結婚してからしか私はこの赤福を食べるようにはなっていないが、

嫁はんいわく、昔の赤福より格段に美味しくなっているそうだ。

いくら伝統といっても常に進化していっている。

さすが赤福。

甘いのが苦手な私だけどこれは食べれる。美味しい。

IMG_0858_convert_20110607080003.jpg



今回、いつもの和菓子の他に見慣れない和菓子があった。

それはこれ奈良県橿原市、だんご庄のおだんご。

IMG_0860_convert_20110607080042.jpg

凄く歴史がある老舗のだんご屋らしい。

最近テレビで紹介されてから購入するのが困難になったとか、

話題のだんごやからと叔母さん。

IMG_0865_convert_20110607080125.jpg

中を開けてみるとしっとりとしたきなこを着ただんごが表れた。

食べてみると甘くない。凄くおとなしい味で美味しくいただきました。



そして昨日、最後の和菓子登場。

最後の最後に残していたのは一番好きな和菓子。

奈良の白玉屋榮壽(しらたまやえいじゅ)。

http://www.begin.or.jp/mimuro/

IMG_0888_convert_20110607080210.jpg

IMG_0889_convert_20110607080256.jpg

IMG_0890_convert_20110607080406.jpg

今回も買ってきてくれました。

名物「みむろ」は今日も光輝いていた。

「みむろ」という名前の最中は皮がパリッパリッに香ばしく餡はしっとり柔らか

しっかりした甘さで、角までぎっしりと入っている。

甘いものが苦手な私でもこれはいくらでも食べることができる。

不思議だよな、あんなに食べたのにむつごくない。

ご馳走さまでした。



今回も奈良の和菓子を美味しくいただきました。

次に私達が奈良に行くときには香川の名物の和菓子を持っていきたいな。

何かないかな?

ん~、やっぱうどんにしよう・・・。





スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。