09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

カマキリの一生 




東雲を待ちながら・・・、命の恩人。



今日車から降りたとき、カマキリが交尾をしていた。



ハッ!!!

確か・・・、カマキリのメスは交尾後にオスを食べてしまうという話を聞いたことがある。

ということは・・・、今必死になって交尾しているこの雄はヤバいんやないのか?

IMG_1464_convert_20111109213150.jpg

そんなこと思いながらみているとこの体の小さなほうの雄が不憫に思えてきた。

よく見ると可哀想な顔をしている・・・。


今人間界も女性のほうが強くなってきている。

てめえはそれでいいのか?

そんなんで一生を終えていいのか?

IMG_1465_convert_20111109213256.jpg

というわけで私がこの雄のカマキリを助けてやろう。

シッ、シッ、なかなか離れなかったけど無理やり離してやった。

よし、これでこの雄のカマキリの命は守られた。

ふ~、ヤレヤレだ。女は怖いんだから気をつけろよ~。


帰ってネットでカマキリの習性について調べてみるとそんな習性はないと書いていた。

ただ雄を食べることはあるらしい。

でも食べられることもあるんだから私は命の恩人だよな。

カマキリって姿も異様だが、いろんな意味で変わった生き物なんだな。

今日はいいことしたな。じゃまたカマキリ君。




このブログを拝見されているご婦人の方々、失礼なこといってすいません^_^; ごめんね。


スポンサーサイト

[edit]

エイの休暇 



東雲を待ちながら・・・、エイエイオー!



エイエイオーとは掛け声のことではない。

エイとは海で泳いでいる魚のことである。

エイ! エイやわ、おぉ~。

何のこっちゃ。

実はこれ!



お盆ということで息抜きに瀬戸内海の小さな島、粟島に行ってきました。

人口およそ350人の小さな島は青い海と青い空で守られている。

魚が戯れ、潮の香りが満ちあふれている。

自然いっぱいの小さな島。

IMG_1175_convert_20110815230207.jpg IMG_1178_convert_20110815230258.jpg

島をブラブラ、日頃の忙しい毎日を忘れさせてくれる。

海を見るとサヨリの稚魚がいっぱい海面で遊んでいる。

IMG_1190_convert_20110815230327.jpg

仕事を忘れ、気の向くままにブラブラ、

なんか贅沢な時間・・・。

ここは確実に時間の流れが違うよな~。

そう思って防波堤のほうから海を見下ろした。

するとゆっくり、ゆっくり、ゆら~りと向こうのほうからやってくるものが・・・。

それはエイ。おぉ~。

急いでiphoneで撮影した。

IMG_1193_convert_20110815230408.jpg

IMG_1194_convert_20110815230449.jpg

IMG_1195_convert_20110815230518.jpg

いや~、珍しいのもが撮れた。

嬉しかったので島の人にも見せた。

エイは確かに見かけるのだがすぐに飛んで逃げてしまうらしい。

まるでエイもここに休暇しにきているかのようだった。

こんなにハッキリ撮れたのは珍しいとのこと。

ラッキーだ。

ちなみに動画も撮りました。





さてお盆も明けたことだし、充電完了!

また頑張るぞ~(*^_^*)


[edit]

自由研究 



東雲を待ちながら、自由研究・・・。


昨日のお仕事は休み、私は子供の夏休みの宿題を手伝うはめになった。

工作と自由研究、そういやそんな宿題があったよな。

私が子供のころは「昆虫の標本」とかをやってた。

昆虫採集キットとかあって、中には注射器や虫めがね、防腐剤やピンセットなどが入ってた。

昆虫の標本は自由研究の定番中の定番だったよな~。

今の子供は昆虫の標本なんてしているのだろうか。

そういや昆虫採集キットが今の時代消え去った訳はキットの注射器にある。

昆虫に使われる本来の注射器が、人間に使われるようになった。

覚せい剤防止のため、昆虫採集キットはその姿を消した。悲しい時代である。



そんなこんなで何の自由研究をするかと悩んだのだが、海が近いということで

海の生き物、写真を撮ってきてその生き物の生態を研究するという簡単なものにした。

まぁ、小学3年だからこんなもんでいいんじゃないの?

よくわからんけど・・・。

よし、まずは磯に行っていろんな生き物の写真を撮ってこよう。

DSC_0570_convert_20110730204654.jpg

やってきました。

でもそんなに珍しい海の生き物なんてそういるもんじゃやない。

小学3年だからこんなもんかな、ヒトデやフナムシ、カラス貝などの写真を撮る。

カニやイソギンチャク、海草やヤドカリ小さなものまでパシャパシャと撮ってきた。

DSC_0561_convert_20110730204444.jpg DSC_0567_convert_20110730204547.jpg
DSC_0579_convert_20110730204903.jpg DSC_0577_convert_20110730204758.jpg

ん?

この岩陰に隠れているのは何だろう?

DSC_0580_convert_20110730205013.jpg

ひっぱり出してみると、なんとウニ?

ウニといえば北海道とかそんな感覚なんだが、

そういえばここら辺の海にもいるという話を聞いたことがある。

確かウニの時期は春から初夏、時期もピッタリ合うよな~。

DSC_0581_convert_20110730205133.jpg

帰って調べてみるとウニにもいろんな種類がある。

アカウニ、ムラサキウニ、ガンガゼ、ナガウニなど

このウニはどの種類になるのかな?

まぁ、それは姫の宿題だ。


ウニって日本全域で漁獲できるって書いてある。

もう一度行ってからウニを捕まえてこようと思う。

でもここの海は小さいときから知ってるんだが、ウニなんて見たことなかったな~。

でもちょっと待って繁殖するのを待つのもいいな。

[edit]

神秘的羽化 



東雲を待ちながらセッセッセッ・・・。


先日、詫間の「的(まと)」で友達とビールを飲みながら鳥の足を食べていたときメールの着信音が鳴った。

相手は嫁はんからで「セミの羽化が始まった」とのこと、私は何が何だかわからなかった。

IMG_1050_convert_20110714202213.jpg IMG_1048_convert_20110714202120.jpg
( 的は15年以上の行きつけの店、また的ネタは今度にしよう )


メールには画像が添付されていた。そのときの画像がこれ。

2011071220170000_convert_20110714201914.jpg


何でも、セミの幼虫が木にいっぱいぶら下がっていたので子供が一つだけ取ってきたらしい。

マジか、カブト虫にクワガタ、亀の次はセミかよ~。

でもなんか神秘的やな・・・。


的で鳥の足を食べ、アルコールに飲まれてフラフラになって帰ったときはセミは殻から出ていた。

子供に真っ赤な顔をして「ヒック、手前らこのセミは逃がしてやるんやろな、ヒック」

そういうと「逃がすよ」。

まっ、まぁ、じゃよしとしよう。

DSC_0489_convert_20110714202637.jpg
羽がまだ弱々しい感じでまだ波立っている。

DSC_0493_convert_20110714202741.jpg
そのうち羽がピンとなり何の準備をしているかのよう・・・。

DSC_0498_convert_20110714202845.jpg
開いた羽を閉じた、何してるんやろ?

DSC_0506_convert_20110714203054.jpg
動かない、何か色が変わってきた。

DSC_0507_convert_20110714203156.jpg
今度は少し上に登ろうとしているかのようだった。

IMG_1053_convert_20110714202451.jpg

この後はベランダに出してやって深い眠りについた。

次の日朝起きてベランダを見るとセミは飛び立っていなかった。

いつの時代でも生命の誕生は神秘的で奇跡なんだな。



セミは幼虫になって7年間もの間土の中で過ごす。

そして成虫へと羽化し、1週間でその一生を終える。

セミの鳴き声にはいろんな想いがつまっているんだろうな。

今年も鳴いて鳴いて鳴きまくれ。

7年分の時を鳴きまくれ!

[edit]

昆虫採集 -クワガタ- 



東雲を待ちながらブ~ン、ブ~ン。



昨日の夕方、ヤスから電話があった。

「子供がカブト虫とクワガタ捕りにいく言うから一緒にいくか?」

「えぇ~、たいそなの」と言いながら少し前のことが頭をよぎった。



先日の父の日に姫からもらった自作の生花。

必死で畑を回って作ってくれたらしい。ありがとう。



その生花に短い言葉のメッセージカードがあった。

IMG_0962_convert_20110702080141.jpg

【 これから、もっと遊んでね。 】

この  がもつ意味とは結構深い意味を持つ。




少し考えてヤスに「じゃ行くわ」と返事した。

ヤスの子供3人とうちの姫と坊主。

姫は昆虫を触ることすらできないのだが、捕まえにいくのは大好きだ。

ピクニック気分でヤスの車に乗って隣町の山の中に向かう。

私達のスポットは今年も虫たちで賑っている。

DSC_0472_convert_20110702080046.jpg

残念ながら1週間前にヤスが大きいクワガタを20匹くらい捕ったため今日はそんなにいなかった。

でも小さいクワガタとかを入れたら今日も20匹くらいは捕ることができた。

IMG_0965_convert_20110702090025.jpg
(なんかゴキブリにしか見えないな~^_^;)

夜の山を汗を流してみんなでワイワイいいながら昆虫を追いかける。

子供達が大人になったときこのクワガタ採集を覚えているか?

たぶん、いやきっと覚えている。


これからもっと遊んでね。

から、これからいっぱい遊んでね。

に変わるようにしたいと思う。



昨日カブト虫約25匹と草カメ1匹の中に新たにクワガタ20匹が仲間入りした。

カメはガタガタ、カブト虫はブーン。

なんか家の中は動物園ならぬ昆虫園になりつつある。



しかしこれだけ増えてきたらエサ代もバカにならないな。

ヤレヤレ、またエサなどの世話は私がすることになるんだろうな。

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。